格安航空券はキャンセルできる?

mildseven

比較するといいでしょう

沖縄入りに向けてピーチなどの格安航空券を手に入れたといった人もいることでしょう。

いわゆる格安航空会社はもちろん、大手も格安のチケットを売っています。

インターネット上でも料金比較が出ているので安いチケットを探したいところですね。

安いのにはワケがあります

安いチケットですが変更がきかない、あるいは手数料がかかるなどのルールがあります。

ただ多くの人は、急な予定が入りとりけししなくてはならないときどうすればいいのか?

といったことまで考えて購入する人は少ないことと思います。

それもそのはず、チケットを購入する際は予定が大丈夫であることが前提でチケット購入されることでしょう。

それが普通です。

キャンセルすることを前提にチケットを購入する人は、ほとんどいないことでしょう。

安いからできないことがあります

すでに沖縄行きの格安航空券を購入したものの、急遽キャンセルしなくてはならない場合、キャンセルは可能か?

という疑問を持っている人もいることでしょう。

この場合、「格安航空券は基本的にとりけしは不可である」ことが前提です。

つまり「キャンセルはできない」=「チケットは泣き寝入りするしかない」。

安いチケットとはいえ、そこそこの金額を出して購入しているかと思います。

それを考えるとなんともかわいそうな話ですが原則格安航空券はキャンセルできません。

「キャンセルできるチケットがある気がするんだけど、なんでできないのか?」

と疑問を持っている人もいることでしょう。

確かにキャンセルできるチケットはあります。

安くても都合がいいものがあります

それは「キャンセルや変更ができることが前提で販売されているチケット」です。

「取り消しを不可なことが前提で販売されているチケット」となっています。

そのため取り消しはできないわけです。

従来の航空会社であればチケットキャンセルができる可能性があります。

よく考えて買いましょう

チケットにはそれぞれルールがあります。

同じ航空会社でもチケットのルールは異なります。

もしチケットを取り消しや変更することがあるなら、最初から取り消しや変更が可能なものを購入しましょう。

そうしたチケットはちょっと高めの可能性がありますが、もしものための保険と思えばそんなに高い買い物ではないはずです。

チケット購入の際は、ルールについても一読することをおすすめします。

ルールを知らないで購入してしまうと後に融通がきかない場合もあります。