格安航空券はキャンセルしないことを前提に購入しよう

070808

航空会社で選べ

友人、知人に家族や恋人、団体などで旅行をするときに必ず皆飛行機代は安くしたいという願望があります。

そういった要望に応える会社といえばジェットスターやエアーアジア、ピーチエアーなどが有名です。

これらが就航しているのであれば、ぜひ利用してみるといいでしょう。

沖縄については格安航空会社の就航が積極的にすすめられています。

いまはインターネット予約が一番

沖縄は飛行機の就航数も増えており最近では中国など海外からの路線も増えつつあります。

日本人だけではなく海外からも注目される拠点なのです。

近年は東京や大阪など大きな街だけではなく、地方をめぐる旅も人気。

格安航空券ですがインターネットで料金比較をして1番安いチケットを確保すると良いでしょう。

これで安価で旅行することが可能となります。自宅で気軽にチケットを探して予約可能。

何があるかわからないのが人生

格安航空券は安くてありがたいのですが、基本的に「キャンセル不可」のルールになっていることが少なくありません。

つまり飛行機に乗れなくなったとき、急用が入り旅に出ることが出来なかったとき、それはムダ金となってしまうのです。

「そんなことは滅多に無い」とこれを読んでいる方の大半は思うでしょう。

しかし、人生はわからないものです。

そういう時に限ってそんなことは起きてしまうのです。

友人で空港までの移動で電車が2度事故が起き数時間停車した結果乗れなかったことや旅行前日に原因不明の病気で緊急入院した人もいます。

ではこうした形でチケット購入した人(取り消しできないチケットを購入した人)はどうなるのか?

というと、チケットをそのまま破棄することになります。

つまり全額捨てることになるわけです。

なんとも残念ですがこれもまたチケットのルールです。

安いチケットはルールについても厳しく融通がきかないものだと思いましょう。

安さを取るか都合を取るか

日付を変更できたり、キャンセルしたとしても手数料が発生しないなど融通をきかせたい場合は、あらかじめ席確保をしておいてキャンセル費用等が発生するぎりぎりまで席は押さえておくといった方法もあります。

ただしチケット料金は出発日が近づけば近づくほど高騰するケースがほとんどです。

この方法を繰り返して直前まで確保することはできますが、安価な料金でいける保障はありません。

雨が降ろうが槍が降ろうが行くという気持ちで

格安航空券はとりけしをしないことが前提で予約するというのが1番良い方法です。

取り消しの場合は、潔くチケットをあきらめましょう。

日付変更については格安航空会社の場合、追加料金を支払えば変更が可能です。

追加料金は発生しますが、Ticket代を無駄にしなくて済むのでその点は良いのではないでしょうか?

格安航空券はキャンセルしないことを前提に購入することをおすすめします。